うつ病との向き合い方|うつ病と診断されないためには

うつ病の治療方法

医者

もし、うつ病と診断されたらどのような治療をするのか気になりますよね。うつ病の治療は基本的に休養とくすりによる治療の2つと言われています。また、自分の考えていることを見直す精神療養を組み合わせた治療法もありますが、主は休養とくすりによる治療でうつ病を良い方向に改善していきます。うつ病の患者さんにとっては、自己管理を簡単に行うことが出来ず、難しいと感じてしまいます。ご家族の方の暖かいフォローやサポートで、うつ病と診断されて苦しんでいる人をコントロールしていくのがとても重要です。
どんなに健康な人でも身体や心を休ませないと、不調になります。不調になると身体や心に様々な訴えを起こし、ゆくゆくはうつ病になっていく可能性があります。うつ病と診断されないために、うつ病になってしまっても治療のためにと安静にして身体と心をしっかり休養させることが大事です。しかしながら、責任感が強いかたなどは休むことは悪いことだと考えているところがあり、自ら休養しようとはしません。肉体的、精神的に休まないと十分な治療効果はないと言われています。なので、休むことを悪いことだと感じずに十分に休養を取りましょう。ご家族の方も患者さんに休んでも大丈夫との言葉を伝えることで心の負担や苦しみなどを軽減することが出来ます。それでも、どうしてもうつ病と診断されて十分な休養を取れないという方は入院という方法もあります。入院をすることによって、病状が安定するまで、治療以外には特に何もしない環境をつくるとの方法もあります。
次にくすりによる治療ですが、うつ病には抗うつ剤と呼ばれる種類のくすりが効くと言われています。うつ病も他の病気と同じくくすりを用いて、身体の異常を治すことが大切です。
うつ病の精神療法には、主にぶり返しの予防に効果があります。精神療法の1つである認知行動治療法は、患者さんに多くみられる否定的な思考、ネガティブ思考をちゃんとした経験と知識を持ち合わせている医師との会話によって整理していきます。整理していき、ポジティブな思考に変えていこうとするものです。周りの人から何か言われても、素直に聞くことが出来ませんが、医師から直接うつ病を発症させないための助言を行ってもらえると、正直に受け入れてくれることもあるでしょう。